スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球をより楽しむための記事~千葉ロッテ投手編①~

2015.04.19 12:00|野球
今回は千葉ロッテの
先発について書いていきます。今季先発しそうな選手が中心です。


石川歩 投手 右投右打

去年の新人王。
主な持ち球はストレート、スライダー、カーブ、シンカー。ストレートの球速は140km中盤。
コントロールは良く大崩れしにくい投手。
変化球、ストレートともに決め球に出来るキレがあり、特にシンカーが得意で左右関係無く投げられるのが強み。
球数はだいたい100~130くらいが目処。
本人曰くドーム球場が苦手らしい。
今年は15勝くらいを期待したい。

涌井秀章 投手 右投右打

元沢村賞投手。
主な持ち球はストレート、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シュート。
ストレートの球速は140km前半だが、ここぞという時は力を入れて投げ140km中盤~後半。
去年までの悪い時はコントロールが定まらなかったが、今年はストレートがシュート回転しなくなった分コントロールが安定してきた。
追い込むまではストレートやシュートが中心で打たせて取り、追い込むとスライダーやフォークで空振りを取りに行く。
しかし近年フォークのキレが良くなく追い込んでから苦しむ投球が多い。
今年はそこをストレートで押し込む投球が出来ている。
球数は120前後が目処。
牽制を含めたフィールディングも上手い。
今年は各チームのエースと当たりながら12勝くらいしてくれると助かる。

藤岡貴裕 投手 左投左打

そろそろ目覚めて欲しい投手。
主な持ち球はストレート、スライダー、カーブ、フォーク。ストレートは140km前後。
コントロールは良くなく、ここという時に決められない。
決め球と呼べる球はなく、追い込んでからが厳しい。
ストレートがいい時はフォークが冴えるのだが、先発だとペース配分するためかストレートが走らない。
結果、追い込んでから粘られ、常にフルカウントにしてしまうため、5、6回で120球とかざらにある。
球数は100~120が目処。
今年こそ頑張って欲しいが現状厳しいか。もっとストレートとフォークを磨いて欲しい。

唐川侑己 投手 右投右打

夢で終わった投手。
主な持ち球はストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ。ストレートは135km前後。
本当かどうか知らないが、スライダーとストレートの腕の振りを同じにするためにストレートの腕の振りを遅くしたらしい。
結果、糞みたいな球速の投手が生まれた。
細かいコントロールがないため、甘い球はことごとく痛打される。
球数は100が目処。
クイックは下手だが、牽制は上手い。
ルーキーや2010の投球を見ていると悲しくなる。
もう彼に夢を見るのは止めよう。

古谷拓哉 投手 左投左打

先発候補最年長投手。
主な持ち球はストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ。ストレートは135km前後。
ゆったりとしたフォームで投げるため、球速以上にストレートが速く見える。
決め球は右打者にはチェンジアップ、左打者にはスライダー。
右打者にはインコースのストレートとアウトコースのチェンジアップを使えるため抑えられるが、
左打者にはインコースのストレートがなかなか攻められず、チェンジアップも使えないため割りと打たれる。
コントロールは悪くない。球数は100が目処。
今年のキャンプ、オープン戦で全く音沙汰なかったが、2軍では投げているのでそのうち1軍でも投げるでしょう。

田中英祐 投手 右投右打

話題の京大ルーキー。
主な持ち球はストレート、ツーシーム、スライダー、カーブ、フォーク。ストレートは140km前後。
腕を振ることを意識しているのか、上体が凄く動くためコントロールは余り良くない。
決め球はスライダー。ストレートが球速以上に力があり、スライダーも結構キレがある。
球数はとりあえず100が目処かな?
課題のコントロールがなんとかなれば面白い投手。
4/29初先発予定なので今から楽しみです。

木村優太 投手 左投左打

特徴がなく楽しみがない投手。
主な持ち球はストレート、スライダー、カーブ、フォーク。ストレートは130km後半。
コントロールも良くない。ボールにキレもない。
見ていてなんの楽しみもない投手。強いて言えば背が高い。
球数は100が目処。
こいつがローテに入っていること自体おかしいのだが、入れるしかないのが現状。

イ・デウン 投手 右投右打

力強いストレートが武器の新外国人。
主な持ち球はストレート、ツーシーム、カットボール、ナックルカーブ、フォーク。ストレートは140後半。
初先発の試合では追い込むまでストレート系ばかり投げていたが、それで狙い打ちにされたので2試合目からはナックルカーブをちょくちょく投げている。
ただナックルカーブはコントロール出来ていないためここぞというときは使えない。
細かいコントロールはないが、ストライクをとるのに苦労することはない。
球数は100~120が目処。
イ・デウンがローテでずっと投げ10勝以上してくれるとAクラスがぐっと近づいてくる。

黒沢翔太 投手 右投右打

ロッテには他にいない右サイドの投手。
主な持ち球はストレート、スライダー、シュート。ストレートは135km前後。
スライダーとシュートのコンビネーションで打ち取る。
コントロールは可もなく不可もなく。
球数は恐らく100が目処。
去年のファーム日本一選手権で覚醒したらしいので少し楽しみ。今日プロ初先発。

チェン・グァンユウ 投手 左投左打

昨年横浜を戦力外になった左腕。
主な持ち球はストレート、ツーシーム、スライダー、フォーク。ストレートは130km後半。
プレートの左に立ちインステップで投げるため左打者はかなり打ちにくい。
スライダー、フォークともにいいキレをしている。
ただコントロールが悪く、無駄な四球が多い。
球数は100が目処。


2軍では阿部や南も先発しているが、この辺りが1軍で先発し出すと終わりな気もする。
次回は救援投手編です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

へいほう

Author:へいほう
にゃっにゃーへいにゃんだよー(^ω^)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。